年寄りの冷や水?かも 超初心者のじじい山歩く

55歳から始める山歩き 中高年の山行きは気を付けろ!

朝来山?・立雲峡!そして食欲の秋旅 (前編)

本日は「山」とは言いません「岡」に行きました^^

登りますとは言えません(笑

だって女房殿はハイヒールですから!

 

今回は「立雲峡」・「食欲の秋」・「水木しげるロード

の3本立てでお送りします。

って、他愛もない内容でございますm(__)m

 

関西の方は結構ご存知かもしれませんが

天空の城や日本のマチュピチュなんてことで

すっかり有名になった竹田城

 

実際は雲海に浮かぶ竹田城を見るには

立雲峡から見る方が美しさがわかるとのことで

その立雲峡にいってまいりました。

(駐車場にあった看板の写真)

 

f:id:usausacafe:20170923112604j:plain

 

立雲峡には第一から第三まで展望台がありまして竹田城を見られる

ポイントとして整備されております。

 

展望台に行くのに道も整備されていて駐車場から歩いてすぐ

第三展望台まで歩いて5分 第二展望台まで5分 第一展望台まで?たぶん15分程?

でしょうか。ええ、今回は家族で出かけてますがみんな街の装い女性陣はハイヒール

男どもは革靴&ズック靴と登りを歩く格好ではありません(爆

 

それでも第二展望台まで10分程をみんな軽やかに歩きます。

一応山道っぽい感じですが階段として整備されているので

わが家族のように舐め切った人たちでも登れます^^

 

f:id:usausacafe:20170923113721j:plain

 

で第二展望台からの眺め

 

雲海は出てません^^そりゃそうです(; ̄ー ̄)

下に流れる円山川から立ち込めるキリが雲海のように見えるわけで

昼と夜の寒暖差が10度以上ないとキリが発生しませんし

夜明けから暫くの朝早くでないとみることができません。

 

雲海なら高山に登るほうがはるかに見ることができる

確率は高いでしょう。

 

ですので観光案内のような美しいキリに包まれた竹田城

みれるのはごく限られたタイミングということでしょうか。

でも実際に見ることができるとやっぱり感動するんでしょうね。

 

 

f:id:usausacafe:20170923114318j:plain

 

ということで、まずは立雲峡でした。

 

本来はこの立雲峡というのは朝来山の中腹にありまして

じっさいには朝来山(756m)のハイキングを楽しむのが

山行きのじじいには本筋でしょうが今回は立雲峡にて

失礼いたしますm(__)m

 

続く

台高山脈 国見山

登った山 国見山(1418m)

登った日:2017年09月10日(日) [日帰り]

天    候:晴れ(暑い)

メンバー:2人

 

f:id:usausacafe:20170910203859j:plain

S大又林道終点08:2710:23明神平10:43前山10:48三ツ塚11:09明神岳11:09三ツ塚11:20明神平12:31水無山12:31ウシロ嵓13:02国見山13:02ウシロ嵓13:40水無山13:40明神平15:02大又林道終点15:13ゴール地点G

 

大峰はここ数回涼しい山行きでしたが、今回は暑くて蒸して^^

さて、台高 国見山ですが 少し舐めてかかってしっぺ返し(^^;

8時に到着時には20台がとまってました。

全部で25台くらい?危ない危ない^^

でも、この数台は昨日からのテン泊の人ものもでもありました。

 

f:id:usausacafe:20170910201241j:plain

f:id:usausacafe:20170910201249j:plain

大又の林道はかなり良くなったらしいですがやはり落石注意の狭い道

気をつけてお越しくださいませ

 

さて、ここから先の林道は通行止め 約15分くらい歩いて

 

f:id:usausacafe:20170910201256j:plain

 

ここが登山口 登山届けを出してくださいね

と言いながら今回は出してません^^

家族に行き先を言ってますので何かあったらそちらからってことで

 

 

f:id:usausacafe:20170910201313j:plain

 

さて、歩き出すと直ぐ倒木が

この先右岸に倒木多数で巻き道できてました

 

f:id:usausacafe:20170910201325j:plain

 

さて、登山開始!

f:id:usausacafe:20170910201336j:plain

 

ひとつめの渡渉、沢に下りる段差がすごい

小さい人は難儀するかも、でも渡渉自体は難しくない

f:id:usausacafe:20170910201345j:plain

 

 

2つ目の渡渉のあと木製ハシゴあります

 

f:id:usausacafe:20170910211158j:plain

ガレ道がシンドイのです^^

f:id:usausacafe:20170910211316j:plain

 

ガレガレつづくよ

f:id:usausacafe:20170910211438j:plain

 

明神滝

f:id:usausacafe:20170910201312j:plain

 

このあたりは気をつけないと

f:id:usausacafe:20170910201319j:plain

 

f:id:usausacafe:20170910201315j:plain

 

この花は?

f:id:usausacafe:20170910201326j:plain

 

渡渉気をつけて

 

f:id:usausacafe:20170910201353j:plain

 

こんなところを過ぎて

f:id:usausacafe:20170910201402j:plain

 

やがて休憩場です

f:id:usausacafe:20170910201409j:plain

 

ここから巻き道の楽道です

f:id:usausacafe:20170910201416j:plain

 

水場がありがたい

 

f:id:usausacafe:20170910201424j:plain

 

もう少しであしび山荘

f:id:usausacafe:20170910201439j:plain

 

こちらにはテントが

f:id:usausacafe:20170910201448j:plain

 

この奥が山荘前

f:id:usausacafe:20170910201456j:plain

ここから道を間違えて桧塚奥峰方面に

f:id:usausacafe:20170910212359j:plain

また下って

日高明神へ

f:id:usausacafe:20170910212419j:plain

 

さて、お昼を食べに山荘前へ急ぎます

腹が減ってはってやつね

f:id:usausacafe:20170910212903j:plain

ラーメン・おにぎり・やきとり・食後のコーヒー

ええ、もう動くのしんどいなぁ・・

 

でもいざ、今日の目当て 国見山へ!

正面の山を越えてその奥へ

f:id:usausacafe:20170910201355j:plain

なかなか急登

f:id:usausacafe:20170910201506j:plain

水無山を越えてググっと下ります

登り返しがしんどそう~

f:id:usausacafe:20170910213116j:plain

 

途中吉野の山々が

f:id:usausacafe:20170910213231j:plain

f:id:usausacafe:20170910213238j:plain

最後の登りを越えて国見山へ

f:id:usausacafe:20170912112401j:plain

山頂では羽アリの乱舞

ユスリカの大群のような羽アリ(驚!

顔にもいっぱいへばりつくので急いで下山

f:id:usausacafe:20170910213427j:plain

 

やっぱり下りもがガレ道はやだなぁ

f:id:usausacafe:20170910213617j:plain

 

なんだかんだで、無事下山

7時間の山行きお疲れ様でした!

今日はくたびれたぁ~

f:id:usausacafe:20170910213654j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今更ですがハマってます

今更・・と言われそうですが

まぁ、遅まきなのがじじいの良い所!

としておこう(^O^)/

 

これです、ええ「岳」です

今のところ6巻まできて9巻まで

注文済みですが、いっそ全巻そろい踏みで

注文しても良かったかも(笑

 

 

f:id:usausacafe:20170905154040j:plain

 

そして、これ

f:id:usausacafe:20170905154042p:plain

山と食欲と私

何故って、この主人公の御嬢さん

うちの娘に顔がそっくりで(笑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称

「単独登山女子」。
美味しい食材をリュックにつめて、今日も一人山を登るのでした。
山でご飯を食べる幸せをあなたも体感してください♪ さあ、山へ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分で見て似てる~と言っている

年齢もちょうど同じくらい

でも、一人で山には決して行かないのですが

未だ私と登ってくれるだけでありがたいのかも^^

 

 

 

 

 

皇太子様と出会えた春日山行き

登った山 春日(498m)

登った日:2017年09月03日(日) [日帰り]

天    候:晴れ

メンバー:3人

近鉄奈良駅 12:10 ー興福寺五重塔 12:22 ー春日山北入り口 12:57

出逢いの三叉路 13:41ーうぐいすの谷 14:18ー芳山交番 14:43

首切り地蔵 15:04ー春日観音 15:16ー春日中学前 15:56

近鉄奈良駅 16:32

 

f:id:usausacafe:20170903215135j:plain

 

今日は息子と妻と三人でのハイキングです

息子は知的障害があって休みは家に篭もりがち

そこで、できるだけ近くのハイキング程度には連れ出せたらとおもっております。

 

今回は奈良の春日山原生林へのハイキング

駅から駅まで12kmと息子には結構な距離になりましたが

頑張って歩くことができました。

そして昨日から奈良入りされています皇太子様がまさに

東大寺前を通られる時に御顔を拝見することができました!

 

f:id:usausacafe:20170903220103j:plain

 

よろしければ動画もどうぞ


皇太子様 奈良訪問 2017年9月3日 東大寺前

 

さて、興福寺五重塔から

f:id:usausacafe:20170903182919j:plain

f:id:usausacafe:20170903182922j:plain

奈良といえば鹿^^

f:id:usausacafe:20170903182925j:plain

 

国立博物館を過ぎて

f:id:usausacafe:20170903182929j:plain

 

春日山への北の起点

f:id:usausacafe:20170903182944j:plain

f:id:usausacafe:20170903182952j:plain

若草山まで2.4km頑張りましょう

f:id:usausacafe:20170903182954j:plain

少し葉っぱが色づいてきた! とか^^

f:id:usausacafe:20170903183004j:plain

登りは林道ですので楽々

f:id:usausacafe:20170903183009j:plain

こんな道なら息子は困るけど、これは道ではありません^^

f:id:usausacafe:20170903183012j:plain

出逢いの三叉路 もうまもなく若草山駐車場です

f:id:usausacafe:20170903183015j:plain

 

さて、駐車場を左手にみて林道を進みましょう

しばらく行くとうぐいすの滝に

f:id:usausacafe:20170903183019j:plain

f:id:usausacafe:20170903183022j:plain

 

途中春日遊歩道は柳生街道へ

昔は奈良から柳生への道として使われた

石畳の道がその名残りです

f:id:usausacafe:20170903183043j:plain

 

こちらが首切り地蔵

f:id:usausacafe:20170903183045j:plain

f:id:usausacafe:20170903183047j:plain

 

磐に彫られた観音様

f:id:usausacafe:20170903183051j:plain

f:id:usausacafe:20170903183052j:plain

 

石畳の道をひたすら下ります

f:id:usausacafe:20170903183056j:plain

 

沢沿いも歩いて

f:id:usausacafe:20170903183058j:plain

 

春日中学前に到着

f:id:usausacafe:20170903183101j:plain

 

春日大社に抜ける道を左にとって

f:id:usausacafe:20170903221114j:plain

 

志賀直哉邸を見ながら奈良駅に向かいます

f:id:usausacafe:20170903221028j:plain

f:id:usausacafe:20170903221039j:plain

この駐車場を抜けたらもうすぐ奈良駅です

 

f:id:usausacafe:20170903221256j:plain

 

 

 

近畿のマッターホルン「高見山」1248m

登った山 高見山(1248m)

登った日:2017年08月27日(日) [日帰り]

天    候:晴れ

メンバー:単独

たかすみの里07:17 ー平野登山口07:21 ー高見杉08:12ー杉谷・平野分岐08:51

高見山09:35-09:50ー杉谷・平野分岐10:11ー高見杉10:46ー平野登山口11:24 

たかすみの里 11:28

f:id:usausacafe:20170827161903j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161857j:plain

 

近畿のマッターホルンと呼ばれる山容

1248mと低山ながら頂上からは360度の展望

今までで一番の景色だったかもしれません。

f:id:usausacafe:20170827204320j:plain

たかすみ温泉「たかすみの里」の駐車場に停めさせてもらいました。

到着時には車3台(直ぐお連れの1台?到着)単車1台

たぶん皆さん山行きの方かと^^

この建物の裏には川遊びができる場所があるのですが

流石に7時台ではまだ寒いでしょうからね。

 

帰りに立ち寄り湯頂きました。 ありがとうございます!

f:id:usausacafe:20170827204845j:plainこの裏側に登山口に続く道があります

f:id:usausacafe:20170827161924j:plain

f:id:usausacafe:20170827161932j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161946j:plain

そして橋を渡って登山口へ

f:id:usausacafe:20170827161953j:plain

登山口標高 465m

f:id:usausacafe:20170827162006j:plain

高見杉 非難小屋の所 760mまでは階段が続くものの

割合と歩きやすいコースです

ただ階段というのがどうしても苦手です。

歩く足巾を階段に合わせなければならない

(じじいは短足なんです、歩幅の方がはるかに短い)(涙

f:id:usausacafe:20170827162013j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161225j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827162021j:plain

f:id:usausacafe:20170827161325j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161238j:plain

f:id:usausacafe:20170827161247j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161255j:plain

ここから杉谷・平野分岐までザレ道&階段(段差大きい)が

足場が悪いと足が滑ってしまうのでかなり気を付けながら

足の置き場を決めないといけません(じじい故足腰が弱い)^^

なかなか疲れてきます^^

f:id:usausacafe:20170827161351j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161343j:plain

 

この階段の段差はもうよじ登りの高さでした(苦悶 

f:id:usausacafe:20170827161358j:plain

 

分岐まできました

f:id:usausacafe:20170827161409j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161436j:plain

吉野界隈の山は道標がしっかりしているので

迷うことは少ないかと思います。

f:id:usausacafe:20170827161426j:plain

 

ここから山頂まで結構な急登になるんですよ^^

ちょうど武奈ヶ岳のワサビ峠から登り返す感じに似てます(白目

 

f:id:usausacafe:20170827161445j:plain

 

 

f:id:usausacafe:20170827161502j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161512j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161528j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161538j:plain

f:id:usausacafe:20170827161546j:plain

 

えっちらおっちら登っていると 途中「笛吹岩」からの眺望に癒されました^^

 

f:id:usausacafe:20170827161610j:plain

f:id:usausacafe:20170827161617j:plain

f:id:usausacafe:20170827161631j:plain

 

ここから最後のひと登りをすると頂上に到着です

f:id:usausacafe:20170827161647j:plain

f:id:usausacafe:20170827161703j:plain

f:id:usausacafe:20170827161654j:plain

今回は単独だったのでじじいの写っている写真はなし

え?そのほうが良いですって?(爆

f:id:usausacafe:20170827161740j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161710j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161817j:plain

頂上からの展望はまさしく絶景でした

360度山に囲まれている

f:id:usausacafe:20170827161810j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161802j:plain

 

f:id:usausacafe:20170827161756j:plain

 

体感してもらうのに動画よろしければどうぞ!

 


高見山 山頂

 

山頂で15分ほど景色に見とれておりました(^▽^)/

先に登って行った若いお兄さんと話しをしてみました。

多分2時間かからずに登られてたと思います。

 

若いっていいですねぇ じじいはじじいらしく

のんびりゆっくり登ってます

いえ、それしか登れないだけなんですが(^-^;

 

後は、下山して温泉にはいりましょうかね

 

途中こんなつぼみみつけましたが、何の花が咲くのでしょう?

f:id:usausacafe:20170827161832j:plain

f:id:usausacafe:20170827161839j:plain

振り返ってなかなかの急登を降りてきました

写真ではあんまりわからんなぁ^^

f:id:usausacafe:20170827161847j:plain

 

さ、たかすみ温泉 たかすみ温泉♪

脱衣場で女性の方が掃除をされてました

ちょっと湯につかりすぎて疲れてましたので

愚息を隠さずにブラブラしてしまいました^^

f:id:usausacafe:20170827211707j:plain

f:id:usausacafe:20170827211713j:plain

 

1248mと低山ですが、結構登り応えのある山でした

先回登った稲村ヶ岳の方が距離は長いですが随分楽チン

感覚的には比良山系の山に登ったかんじでしょうか

蓬莱山や権現山などなど

初めて本格的な山に登ろうかなと思って近場で低山だからと

この高見山を選ぶとちょっとしんどいかも知れません。

 

山行き11ヶ月の中身は

健康のために歩き始めてからハイキングに移り

山行きになって2年目だけれど、

実質山に行き始めてから11か月

 

本当の超初心者、でも低山は結構歩いてきたかも。

 

高山やアルプス縦走、冬山などを経験すると

初心者に昇格できるかなとは思うのですが・・

基本、目指せ健康登山! 何て言ってもアラカンじじいですから^^

 

さて、この11か月でどれくらい登ったのかしらと

ふと思って振り返ってみると

 

一番最初は生駒山暗峠から始まった山行き

生駒山(642m)×14(ハーフ縦走含む)

f:id:usausacafe:20170826134937j:plain

岩湧山(897m)×1

f:id:usausacafe:20170826135003j:plain

春日奥山(498m)×1

f:id:usausacafe:20170826135015j:plain

金剛山(1125m)×2

f:id:usausacafe:20170826135029j:plain

葛城山(959m)×1

f:id:usausacafe:20170826135106j:plain

六甲山(932m)×1

f:id:usausacafe:20170826135120j:plain

俱留尊山(1037m)×1

f:id:usausacafe:20170826135130j:plain

比叡山(848m)×2

f:id:usausacafe:20170826135149j:plain

弥山(1895m)・八経ヶ岳(1914m)×1

f:id:usausacafe:20170826135228j:plain

観音峰(1347m)×1

f:id:usausacafe:20170826135245j:plain

稲村ヶ岳(1725m)×1

f:id:usausacafe:20170826135357j:plain

打見山(1096m)蓬莱山(1174m)×1

f:id:usausacafe:20170826135427j:plain

権現山(1019m)蓬莱山(1174m)×2

f:id:usausacafe:20170826135555j:plain

武奈ヶ岳(1241m)×2

f:id:usausacafe:20170826135611j:plain

白滝山(1022m )×1

f:id:usausacafe:20170826135621j:plain

 

と32回山に出かけている。

 

2月は寒くて出かけずだったので

月3回ペースで登ったことになりますか。

 

低山を実際に歩いてきて思ったのが

決して山は標高だけではそのキツさを計れない

ということでした。

 

最初は近くの生駒山(642m)をいろいろなコースで

練習をしてみて600mを体で覚えた訳ですが、

最初の頃はこの600mでもかなり体に堪えました。

 

この時、登り初めの標高で同じ山でしんどい度合いが

違うのだと後から知ったのですがね。

 

奈良側から登る起点駅の標高は142m

大阪側から登る起点駅の標高は49m

これだけで約100mの違いがある

 

登り100mっていうのは結構な距離なんですよね。

 

登った山の数だけで言うと15山

そのうちで一番しんどかったのが武奈ヶ岳(1241m)です。

 

普通、山登りしない人が考えると一番標高の高い

八経ヶ岳(1914m)が一番しんどいのでは?と思うのでしょう

 

武奈ヶ岳は登り口の標高が306m 標高差935m(アップダウンがキツイ)

八経ヶ岳は登り口の標高が1110m 標高差804m(アップダウンがない)

 

そして武奈ヶ岳は登りに平坦な所は少なくほぼ急登続き

対して八経ヶ岳は途中大峯奥駆道の平坦な部分が全体の1/3はある

 

山は標高だけでは分からないということも身をもって知った1年でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲村ヶ岳 1726m (ハプニングあり)

 

登った山 稲村ヶ岳(1726m)

登った日:2017年08月14日(月) [日帰り]

天    候:雲一時晴れ

メンバー:2人

 

f:id:usausacafe:20170814213008j:plain

 

交通手段:車にて母公堂駐車場まで

 コースタイム(6時間)

駐車場 7:30→法力峠 8:38→パオーン杉 9:13

稲村小屋 10:04ー10:18→稲村ヶ岳 11:05-11:18→

稲村小屋昼ごはん12:02-12:25→母公堂→2:24 

 

今回は大峰山系の稲村ヶ岳に行ってまいりました。

暑さ続くこの時期でも山頂手前、稲村山荘は風の

通り道でもあるのか寒いくらいでした。

夏の低山は地獄って身にしみてましたが

大峰界隈は夏でも涼しいのでビックリでした。

 

そのうえ、虫の歓迎も無し!

そういえばセミの鳴き声もありませんでした(謎

 

先回、みたらい渓谷から登った観音峰も涼しく

虫たちもいない、大峰は最高の低山でした!

 

母公堂前の駐車場 500円なり

でも、下山したらコーヒーとかりんとのおもてなしが(嬉

 

f:id:usausacafe:20170814202105j:plain

熊には出合いませんでした^^ 熊鈴のおかげ!?

f:id:usausacafe:20170814202138j:plain

 

登山道は緩やかです 比良の武奈ヶ岳と随分違う^^

武奈ヶ岳はいきなり急登がつづき青息吐息でしたが

こちらは登山者に優しい!(喜

 

f:id:usausacafe:20170814202127j:plain

 

さぁ稲村まで5.7km

楽しみながら登りましょう

 

f:id:usausacafe:20170814202200j:plain

 

f:id:usausacafe:20170814202153j:plain

 

夏道です草も生い茂る

f:id:usausacafe:20170814202224j:plain

 

さて、なんて花でしょうか?

ドクダミ?でもないような

f:id:usausacafe:20170814202322j:plain

 

登りの道は基本巻き道 でも結構アスレチックな所もある

 

橋を渡り

f:id:usausacafe:20170814202335j:plain

f:id:usausacafe:20170814202350j:plain

お気楽に登っていると法力峠に

 

f:id:usausacafe:20170814202405j:plain

稲村まで3.7km

f:id:usausacafe:20170814202412j:plain

進んでいくと いつの時代か トイレだったかも?

 

f:id:usausacafe:20170814202428j:plain

f:id:usausacafe:20170814202435j:plain

 

どんどん進むと アスレチックな所も

f:id:usausacafe:20170814202451j:plain

f:id:usausacafe:20170814202546j:plain

 

そして、うわさのパオーン!マンモス!

f:id:usausacafe:20170814202511j:plain

こわ~と言いながらお尻を押してどけようとする妻殿

f:id:usausacafe:20170814202518j:plain

そのうち崩れた橋もでてきます(驚

f:id:usausacafe:20170814202616j:plain

 

おっと気が付くと稲村小屋

でも土日しか営業してません(涙

 

f:id:usausacafe:20170814202626j:plain

 

ここで暫し休憩

昨日から縦走中の若いお兄さんに話を聞いて

稲村ヶ岳まで登る途中に大日岳があるけれどどうでした?

と聞いてみると垂直の斜面がなかなかスリリングとのこと

それを聞いた妻殿は即座に登るの却下(笑

 

さて、小屋までは割合とハイキング気分でしたが

ここから稲村ヶ岳までは結構な急登となかなかの鎖場

小一時間で汗ダクになりました^^

f:id:usausacafe:20170814202750j:plain

f:id:usausacafe:20170814202759j:plain

そうこうしているうちに頂上に到着

f:id:usausacafe:20170814202817j:plain

f:id:usausacafe:20170814202832j:plain

 

トンボの乱舞の向こうには大峰の山々

山深いですね~ かなたは熊野まで

 

f:id:usausacafe:20170814202838j:plain

f:id:usausacafe:20170814202844j:plain

 

f:id:usausacafe:20170814202902j:plain

 

頂上で単独で登られていた男性の方とお話ができました

年は同じくらい? でもその人は山屋の人だと(^▽^)/

楽しい時間でした!

 


稲村ヶ岳

 

さてお腹も空いたので稲村小屋まで戻りましょう

基本、食事は小屋前だけになるみたいです。

 

途中、隙間からの景色に見とれたり

f:id:usausacafe:20170814202733j:plain

 

小屋前のこの場所、風の通り道 この暑い夏に長袖でも寒い!

すごいぞ稲村ヶ岳!低山が暑いなんてここでは通じないのだ!

f:id:usausacafe:20170814202911j:plain

 

お腹も満たされてゆっくりしました

下山しましょうかね

途中こんな花や

f:id:usausacafe:20170814202927j:plain

こんなきのこを見つけて ヤバイやばいの連発

触るとやけどする! いやそれはカエンダケじゃなかったっけ?(笑

 

f:id:usausacafe:20170814202919j:plain

 

途中 妻殿のお腹の調子が悪いトイレトイレというので

急いで下山しました。ゆえにあまり写真を撮ってません^^

 

そんなこんなで、母公堂までもどってきました!

 

f:id:usausacafe:20170814202933j:plain

ええ、どなたかはトイレ直行です(爆

 

f:id:usausacafe:20170814202940j:plain

今回の山行きはちょうど7時間

これくらいが今の自分にはジャストな感じでした。

それにしても大峰は涼しいし虫の襲撃も無い

秋まで比良はお預けで大峰界隈に出かけたいと思います!

 

で、ハプニングって何?

ええ、私、登りの途中の平坦な道で展望が開けたので

そちらを見ながら歩いてるとおもいっきり前のめりでコケました(汗

気を抜いたら木の根があるのに気が付かず(バカ

山道で気を抜くなってことを教えてもらいました^^

 

皆様はそんなヘマはなされないと思いますが・・・