年寄りの冷や水?かも 超初心者のじじい山歩く

55歳から始める山歩き 中高年の山行きは気を付けろ!

山に行きたし雨は降る

梅雨ですねぇ

 

今年は梅雨入りから雨があまり降っていなかったのに

先日は1か月分が一日で降った所もあったとか。

 

今週からはいよいよ梅雨本番の空模様

山に行きたし雨はいや~ 

 

超初心者のじじいは雨の日に山には行かないので

お天気の日にまったり登山ばかり^^

 

今週、週末はお天気が良ければ大山に遠征しようかと

思っておりましたがどうやら雨の予報。

 

暑くなってくると、アルプスの高山はいいんでしょうね

標高の高い所はまだ雪が残っていたりして涼しいらしい?

 

でも、なかなかアルプスは日帰りでちょっと行ってこよう

って言う訳にも行きませんので雰囲気だけでも・・

となると大山が良いかもと。

 

最近、裏大山って〇ントリーの天然水のCMで出てくる山は

烏ヶ山(からすがせん)雰囲気いいですよね!

でもやっぱり最初だから、じじはやはり本筋の大山の方に登りたい。

 

f:id:usausacafe:20170623113645j:plain

 

出来るなら弥山ー剣ヶ峰ー三鈷峰と回れればいいな

と思っておりましたが剣ヶ峰ー三鈷峰間は通れないらしい。

 

また、初めて登る人は夏道を登るとのことだけれど

剣ヶ峰まで登るっていうのも良いなぁと!(アルプスの山容ぽいですよね^^)

ということでユートピアコースにて登る計画にしてみよ~

f:id:usausacafe:20170623114355j:plain

さて、梅雨の晴れ間の週末はいつ来るのだろう

夏休みに突入したら登山者が増えるってことなので先延ばしになるかもだけど。

 

息子とハイキング

今年は梅雨入りしてから本格的な雨が降らず

週末は結構お天気が良いうえに涼しいので

山行きには最高の6月ではないでしょうか。

 

昨日は息子を昼ごはんで釣ってハイキングにでかけてきました。

 

彼は障がいがあるので普段は作業所に通っているのですが

ここ10年でじじいとは逆に15kgほど体重を増やしております。

なんと、お腹回りはじじいよりでかくなった!(笑

 

そこで、最近ウォーキングをするようにさせているのですが

なかなか体重ダウンにつながらないのです。

 

多分、もっと距離を歩かないといけないのでしょうが

歩くのはどうも苦手で嫌いみたいでね^^

 

そこで、今回お昼ご飯を餌にハイキングに誘ってみました。

最初はちょっと後悔していたかも!こんな坂道とは思わずに^^

 

じじいが一番最初に歩いた伊勢街道、暗峠 枚岡駅からスタートです。

背中を押されて嫌々スタート^^

f:id:usausacafe:20170619105152j:plain

 

後ろから見ても体形が似てる(笑

 

年配者のハイキングブームはますます過熱する方向でしょうか?

この日も駅前にはたくさんのおじさまおばさまのハイカーのみなさんが!

 

標高は400mあまりですが斜面が急なので無理な歩き方をすると

かなり体力を消耗します。

歩き慣れていない息子ですのでかなりゆっくり休憩を挟みながら

1時間20分の登りハイキング。

 

何度もシンドイ~とハァハァ言っては止まっていましたが

何とか頂上までたどり着けました!

本人も達成したことが嬉しかったのでしょう

思わず笑顔?と苦悶?の混じり合った表情でパチリ

 

f:id:usausacafe:20170619105155j:plain

 

さて、この後は下ってお目当てのお昼ご飯

山の中腹にぽつんとあるうどんやさん

注文してからできるまでちょっと時間がかかりますが・・^^

 

手打ちで天ぷらもうんまい!大阪の人気うどん店にも

勝とも劣らないおいしさです!

おじさんおばさん2人でされてるので打つうどんの量も多くはない

11時オープンで12時半頃には売り切れることもしばしば。

今回はそれを見越して11時過ぎには到着できる段取りで出かけました。

無事、今回は頂けました!ごちそうさまでした♪

f:id:usausacafe:20170619105157j:plain

 

さて、息子もハイキング 自分が少し歩けることに自信がついたのか

またハイキングに行く?と聞くと「ハイ!」と答えてくれました。

 

1年くらいじっくり歩いてじじいとおなじく10kgくらいは

減量できるといいなとおもっております。

 

 

 

 

 

プレ生駒チャレンジ登山

チームJ のsatokunさんに教えてもらった

生駒チャレンジ登山というのが秋にあってね

私市から高安まで縦走するコースなんだけれども

私は私市から生駒まで歩いてるので今度どうですか? 

6時間くらいですよと

 

f:id:usausacafe:20170611220806j:plain

 

一般的には「私市」(きさいち)駅からスタートですが

JRから京阪に乗り換えるのが面倒だったので

JR 河内磐船駅からあるきました。

 

168号にでて

f:id:usausacafe:20170611210611j:plain

 

星の里いわふねへ

f:id:usausacafe:20170611210624j:plain

橋を渡って川沿いに

f:id:usausacafe:20170611210640j:plain

 

ここね

f:id:usausacafe:20170611210650j:plain

 

磐船峡へ

f:id:usausacafe:20170611210706j:plain

歩きやすい道です

f:id:usausacafe:20170611210716j:plain

一端168号にでて

f:id:usausacafe:20170611210725j:plain

ここから入りなおし

f:id:usausacafe:20170611210736j:plain

 

このあたりは道標や地図がふんだんにあります

f:id:usausacafe:20170611210750j:plain

ほしだ園地

 

この花は???

f:id:usausacafe:20170611210813j:plain

 

ライミングウォール

f:id:usausacafe:20170611210823j:plain

 

ビトンの小屋 ここはスルーです

f:id:usausacafe:20170611210838j:plain

 

吊橋に向かう階段 健脚向けらしいですがそうでもないような?^^

f:id:usausacafe:20170611210848j:plain

 

なかなかの吊橋です 高いので目がくらみますが眺めは最高でした!

f:id:usausacafe:20170611210900j:plain

f:id:usausacafe:20170611210913j:plain

f:id:usausacafe:20170611210926j:plain

 

で、本当は管理棟方面に進まないとだったのが、下ってしまいました(^^;

つまり登り返しがこの後待ってたわけです(シンド

f:id:usausacafe:20170611210941j:plain

 

シンドイ中可憐な花が(^▽^)/

f:id:usausacafe:20170611210952j:plain

 

ササユリです!

 

f:id:usausacafe:20170611211004j:plain

 

 

 

f:id:usausacafe:20170611211054j:plain

f:id:usausacafe:20170611211111j:plain

f:id:usausacafe:20170611211128j:plain

f:id:usausacafe:20170611211143j:plain

 

長~い階段

f:id:usausacafe:20170611211156j:plain

 

室池を目指す道標

f:id:usausacafe:20170611211214j:plain

 

まだまだ長い階段つづきます!

この先に飯盛霊園へ

f:id:usausacafe:20170611211231j:plain

 

霊園を出口まで行って163号を渡り、田原台の住宅地を歩くと

道標がでてきます

 

f:id:usausacafe:20170611211243j:plain

f:id:usausacafe:20170611211259j:plain

 

この先、ビオトープ 小さいながらもいい感じです

f:id:usausacafe:20170611211312j:plain

f:id:usausacafe:20170611211323j:plain

 

ヘビイチゴ

f:id:usausacafe:20170611211333j:plain道標もちゃんとあります

f:id:usausacafe:20170611211350j:plain

f:id:usausacafe:20170611211407j:plain

 

堂尾池に到着

f:id:usausacafe:20170611211423j:plain

f:id:usausacafe:20170611211435j:plain

先のむろ池を目指しましょう

f:id:usausacafe:20170611211445j:plain

f:id:usausacafe:20170611211457j:plain

f:id:usausacafe:20170611211513j:plain

 

道標に沿って歩きます

 

f:id:usausacafe:20170611211528j:plain

f:id:usausacafe:20170611211542j:plain

 

かきつばたの群生

f:id:usausacafe:20170611211600j:plain

f:id:usausacafe:20170611211613j:plain

f:id:usausacafe:20170611211622j:plain

 

生駒縦走歩道に

f:id:usausacafe:20170611211634j:plain

f:id:usausacafe:20170611211645j:plain

 

室池の堤防を渡ります

という前に実は道迷いNo2がああって1時間ほどロスしました

f:id:usausacafe:20170611211655j:plain

f:id:usausacafe:20170611211705j:plain

 

ここまで吊橋の所と室池到着まえで道を間違えて

5時間ぶっ通しで歩きましたので

女房どのもくたくたです、急ぎおにぎりだけ食べました(5分休憩のみ

f:id:usausacafe:20170611211719j:plain

 

やっと阪奈道路にでました、これから生駒山に登らないといけません

f:id:usausacafe:20170611211727j:plain

 

途中ここは道標がありました

f:id:usausacafe:20170611211739j:plain

 

f:id:usausacafe:20170611211807j:plain

 

この道標は見逃してしまい

道をまた間違えました(本日3回目

 

道を正しいほうにとって進みます

f:id:usausacafe:20170611211823j:plain

やっと明確な道標が出てきた

f:id:usausacafe:20170611211835j:plain

 

ここから山頂に向かいます(かなり疲れてる

f:id:usausacafe:20170611211850j:plain

f:id:usausacafe:20170611211902j:plain

 

やっと山頂下に到着!

f:id:usausacafe:20170611211930j:plain

 

ここから最終生駒駅まで

本日25km 約7.5時間近く掛かったハイキングでした。

間違わなければ6時間のハイキング 途中30分のお昼休みを取っても

6・5時間 やはり6時間くらいはかかるというわけでした。

休み無しで歩くのは今の所7時間くらいが限界のようです。

 

 

 

 

ムシムシ大行進

ディート

ええ、おねえちゃんと楽しい時間を!

それはデート^^

 

超初心者じじいが山行きを始めたのが

ちょうど昨年の今頃。

 

300m程度の高低差を登るだけで

息も絶え絶え、汗の量も半端じゃない

青息吐息で登っていたのを思い出します^^

 

その頃、顔の回りをしつこく飛ぶハエみたいなのに

悩まされつつ、虫対策を何もしないで行動しておりました。

 

それから、その虫が「メマトイ」というハエの仲間と知るのです

f:id:usausacafe:20170608125657j:plain

そして、次に同じ道を歩いた時には一応虫よけにと

女房殿にこれを使ってみ!とアロマの虫よけをもたされました。

f:id:usausacafe:20170608130108j:plain

でもやっぱりメマトイ君はメスなのかまとわりついてくる(笑

 

そこで、一時期はアースジェットなる殺虫剤を持っていたことも^^

 

その後、虫よけにと一般的に販売されている「ディート」という

成分を含んだものを使用してみましたが、やはり今一つ。

 

その上、体(皮膚)にもあまりよくないとのことでしたので

使用を控えていましたが、最近新しい成分で肌にも優しいとの

「イカリジン」の成分の物が出たのでそれもつかってみましたが

こちらも虫除けの効果というと「蚊」には効くのかもですが、

やはりたくさんの虫たちに悩まされておりました。

 

そこで、最近は虫コナーズなるぶら下げて虫除けを謳う

例のあれをザックにぶら下げてみることに。

f:id:usausacafe:20170608132432j:plain

 

これ、思いのほか効果があるみたいに感じます。

特にお昼を食べるときなど、山頂でたくさんの虫に

悩まされることが多いこの時期ですが先日も使ってみましたが

まったく虫が寄らないこともないのですが、それでも大方は

近づいてこないようで、手で払いながら食べることはありませんでした。

 

聞くところによると、同種の「虫よけバリアー」というのも

なかなかよろしいとのうわさも。

f:id:usausacafe:20170608132901j:plain

 

これから夏の低山は厳しくなるのですが

だからと言って高山に登るのかというと

じじいにはまだ早いとのウワサも(^-^;

 

そんなわけで、今しばらく近畿圏の低山を登るでしょうから

この手のものをいろいろ試してみたいと思います。

 

虫コナーズスプレーとかどこでもベープなんてのも

試してみようかしら^^

ともあれ虫たちに悩まされず山行きができたらいいですね。

 

 

 

 

近畿最高峰 八経ヶ岳へ弥山経由

 

 

登った山 弥山(1895m)八経ヶ岳(1915m)

登った日:2017年06月04日(日) [日帰り]

天    候:晴れ

メンバー:2人

 

交通手段:車にて行者環トンネル西口駐車場

     駐車代1000円 トイレ100円

 

コースタイム

 

行者還トンネル西口登山口 8:10~奥駈道出合 9:10~弁天ノ森9:35~

弥山小屋11:02~弥山 11:07~八経ヶ岳11:46~

往路下山~行者還トンネル西口登山口15:43

 

f:id:usausacafe:20170605102321j:plain

 

チームJのdragonさんに釈迦ヶ岳がいいよ~と教えてもらっていた。

ところがどっこい、自宅からなんと4時間(グーグル地図さんで)

ということは実際にはもう少しかかるだろうか?と二の足を踏んでいた。

 

ところが、先日山つながりの人から大峰山どう?と言われて

八経ヶ岳もいいですよ、自宅からだと2時間ほどじゃないですか?

と言われたので登ってまいりました。

 

この登山口に行くまで酷道309号をひたすら走らないといけない。

この道がまったくもってヒドイ!対向できないほど細い道で穴だらけ

ガードレールも無い所もあるなどかなり酷な道

そんな309号を登山口の行者環トンネル西口までたどり着くと

おじさんが2人、テグスネ引いて待ち構えております^^

1日駐車代が1000円なり!と徴収されます。

そしてトイレも100円なり 

ええ、さっそく利用させてもらいました^^

 

f:id:usausacafe:20170604213015j:plain

さて、登山ポストに届けをだしてスタートです

 

f:id:usausacafe:20170604213114j:plain

最初は平坦な道ですが、

f:id:usausacafe:20170604213812j:plain

橋を渡ると登山道スタートです

f:id:usausacafe:20170604213900j:plain

 

結構ザレておりまして木の根っこもなかなスゴイ!

ここから奥駆道出合いまで結構な急登です。

f:id:usausacafe:20170606104549j:plain

こんな感じの所もございます

f:id:usausacafe:20170604214226j:plain

f:id:usausacafe:20170606104552j:plain

今日は女房殿と2人なのでノンビリ登山、

ゆっくり登ると急登のわりに息も切れずで楽ちんです^^

 

途中シャクナゲの花(J-minorさんに教えてもらいました)

 

f:id:usausacafe:20170604214449j:plain

 

そして、シロヤシオ(五葉ツツジ)(J-minorさんに教えてもらいました)^^

f:id:usausacafe:20170604214454j:plain

五枚の葉があるので五葉ツツジだそう

 

f:id:usausacafe:20170605214117j:plain

 

花なんぞを見上げながらトロトロ歩いていますと出合いに到着

 

f:id:usausacafe:20170604214602j:plain

ここから少し登ると尾根道歩きになりますので

わりと平坦な道がしばらく続きますが・・弥山2時間とな

f:id:usausacafe:20170604214659j:plain

 

気がつくと弁天の森

f:id:usausacafe:20170604214759j:plain

 

途中登る弥山小屋が遠く見えてきました。

これを見た女房殿はあこそまで登れるのかなぁ?

無理とちがう?と弱音を吐きます(爆

(真ん中に三角の屋根が見えてました)写真ではわかり辛いなぁ

f:id:usausacafe:20170604215241j:plain

 

そして弥山に向かって2度目の急登を行きますと

心臓破りの木製階段がやってきます(笑

f:id:usausacafe:20170604214924j:plain

f:id:usausacafe:20170604214947j:plain

f:id:usausacafe:20170604214952j:plain

急ぎの山行きでないのでちんたらと登りますが、流石に弥山手前になると

一息置かないとしんどいのです^^

でようやっと弥山小屋が見えてきました!

 

f:id:usausacafe:20170604215400j:plain

 

一応写真など^^

f:id:usausacafe:20170604215434j:plain

さて、この上に弥山の頂上があります

f:id:usausacafe:20170604215523j:plain

取って返して、八経ヶ岳に向かいます。

いったん降って登り返しですが、くだりを終えた時点で

女房殿疲れ果てて帰りに登り返しできないかも!なんて弱音も^^

 

途中大峰名物?立ち枯れ

f:id:usausacafe:20170604215759j:plain

そして鹿の食害を防ぐフェンスを越えて

f:id:usausacafe:20170604215840j:plain

八経ヶ岳頂上をめざします。

途中、居ました!鹿君たち

 

f:id:usausacafe:20170604215957j:plain

気がつけば頂上です!

f:id:usausacafe:20170604220434j:plain

 

ここでお昼ご飯です

頂上は虫がたくさ~ん飛び交っているので

虫コナーズを!!なかなか良い感じで虫が飛んできません!

 

f:id:usausacafe:20170604220607j:plain

 

あ、そうそう、高度が高いから袋がパンパンに膨らんでました!(ビックリ

 

本題ですがこの山からの眺めはすばらしいですね!

山深い幾重にも重なる山脈 いつまでも見ていて飽きません!

 

f:id:usausacafe:20170605214348j:plain

 

f:id:usausacafe:20170604220844j:plain

f:id:usausacafe:20170604220853j:plain

f:id:usausacafe:20170604220848j:plain

写真で見たらたいしたことなさそうですが実際みると感動モノです!

ちょっとだけ動画でどうぞ(^▽^)/

 

八経ヶ岳

 

今回はノンビリ登山でしたので8時間近くになりましたが

ゆっくり登れば近畿最高峰も登りやすい山です。

2000m近い山はやっぱりええですなぁ

そんなわけで、今回は登山を終えてもまだまだ

体力が残っておりました(^▽^)/

 

 

 

 

 

 

 

沢沿い 白滝山 周回

登った山 白滝山(1022m)

登った日:2017年05月28日(日) [日帰り]

天    候:雲一時雨のち晴れ

メンバー:単独

 

交通手段:車にて葛川市民センター駐車場

 コースタイム

駐車場 7:53→牛コバ 8:46→スベリ石 9:32

夫婦滝 10:17→オトワ池 10:46→白滝山 10:56→

昼ごはん11:10-11:25→ワサビ大滝→11:54 →

伊藤新道出合い 12:28 → 登山ポスト前 12:56

 

f:id:usausacafe:20170528190458j:plain

 

今回は、滝を見ながら沢沿いを登る涼み登山

本日朝一番は小雨 天気予報は晴れなのになぁ?

f:id:usausacafe:20170528172810j:plain

 

毎度おなじみのトイレをおかりして

f:id:usausacafe:20170528172813j:plain

 

さて出発ですぞ

f:id:usausacafe:20170528172817j:plain

 

ちゃんと登山ポストに登山届けを出します

f:id:usausacafe:20170528172820j:plain

坊村からはみなさん武奈ヶ岳に登られるのです

ですから、白滝山方面はどなたもおられず私一人です^^

f:id:usausacafe:20170528172824j:plain

 

林道の通行止めの鎖をまたいで

f:id:usausacafe:20170528172827j:plain

 

おっとマムシ草だ!先回金剛山の号で書いたとき名前を忘れた草

f:id:usausacafe:20170528172831j:plain

 

しばらく林道をいきますと二の滝

f:id:usausacafe:20170528172835j:plain

林道も荒れてますなぁ

f:id:usausacafe:20170528172838j:plain

 

そして三ノ滝 降りずに上からみました^^

f:id:usausacafe:20170528172843j:plain

 

湧き水 覚照水 帰りに頂きました

 

f:id:usausacafe:20170528172850j:plain

この斜面は苔むしてカエル?の泣き声らしきものが聞こえるのです

f:id:usausacafe:20170528172856j:plain

こちらからどうぞ


覚照水 カエル

 

 

林道を進むと 伊藤新道出合いに

ここに降りてきます

f:id:usausacafe:20170528172900j:plain

 

 

そしてどんどん進むと、牛コバ(昔牛を休ませた場所)

 

f:id:usausacafe:20170528172917j:plain

ここから登山道が始まります

f:id:usausacafe:20170528172923j:plain

苔むした岩 トトロの森!

f:id:usausacafe:20170528172930j:plain

ガレ場も出てきます

f:id:usausacafe:20170528172934j:plain

ここから渡渉を繰り返し登るのですが

以前はここに橋が架かっていたかと??

今はトラロープです(足場が滑りやすいです)

f:id:usausacafe:20170528172937j:plain

 

板を渡してもらっていますがすでに朽ちかけてる

f:id:usausacafe:20170528172941j:plain

 

ハシゴもそ~っと登ります

f:id:usausacafe:20170528172946j:plain

 

巨木の迫力と谷から吹く風の清涼感に幸せを感じます

f:id:usausacafe:20170528172950j:plain

 

渡渉は何度もやってきます

f:id:usausacafe:20170528172955j:plain

谷に切れ落ちている巻き道 気をつけないと・・・

f:id:usausacafe:20170528173003j:plain

沢沿いですので小さな滝がいくつもあって

 

f:id:usausacafe:20170528173014j:plain

 

木製のハシゴも朽ちているので気をつけないと

足を踏み外しそう

f:id:usausacafe:20170528173018j:plain

f:id:usausacafe:20170528173025j:plain

 

気が付けばスベリ石

f:id:usausacafe:20170528173032j:plain

下に見えるがその石です

f:id:usausacafe:20170528173036j:plain

 

ここから先道迷いが多いのかしら?

f:id:usausacafe:20170528173040j:plain

 

白髭滝到着

f:id:usausacafe:20170528173043j:plain

 

夫婦滝手前の東屋

f:id:usausacafe:20170528173057j:plain

 

 

f:id:usausacafe:20170528173108j:plain

 

奥側に下ると夫婦滝がみられます

f:id:usausacafe:20170528173113j:plain

 

涼しい雰囲気だけですが^^

 


夫婦滝

 

イモリ? いやヤモリ? イモリはもっと黒くて

腹が赤かったような・・・

f:id:usausacafe:20170528173117j:plain

 

さて、ここから白滝山に向かいます

 

f:id:usausacafe:20170528182024j:plain

 

途中オトワ池  ここから長池に回れるのですが

踏み跡が不明瞭なので山頂をめざします

 

 

f:id:usausacafe:20170528173120j:plain

f:id:usausacafe:20170528173126j:plain

f:id:usausacafe:20170528173130j:plain

 

ところがここも踏み跡が判り難い

ちょっと悩んで進みながら登山道に

f:id:usausacafe:20170528173133j:plain

 

結構急登で疲れます^^

時間はまだ11時ですがお昼ご飯にしました

f:id:usausacafe:20170528173138j:plain

 

今日はかやくご飯となすの味噌汁

 

f:id:usausacafe:20170528182445j:plain

 

食後のコーヒーは格別ですなぁ

f:id:usausacafe:20170528182450j:plain

 

お昼を済ませて伊藤新道を坊村に降ります。

かなり急坂 久しぶりに膝が疲れた~

f:id:usausacafe:20170528173143j:plain

踏み跡も結構不明瞭、赤目印を探し探し降ります

f:id:usausacafe:20170528182704j:plain

 

伊藤新道はワサビ大滝への道として開拓されたとか

そのワサビ大滝です

f:id:usausacafe:20170528182954j:plain

f:id:usausacafe:20170528183003j:plain

ここから下、ガレガレの道もでてきます

 

f:id:usausacafe:20170528183036j:plain

そんなこんなで、やっと出合いまで降りてきました。

 

f:id:usausacafe:20170528183111j:plain

 

後は林道を降るだけ

 

f:id:usausacafe:20170528183209j:plain

 

無事、登山ポストまで帰ってきました。

周回 約5時間でした 歩くスピードはこれでコースタイムくらいです。

f:id:usausacafe:20170528183240j:plain

 

夏場に涼しい山行きをと思いましたが、沢登をするならいざしらず

山道を登ると暑そうです^^

 

やはり夏は2000mを越えての高山に行かねばかもです。

 

 

権現山・ホッケ山・蓬莱山 シャリバテ!?

登山してみたい!と知り合いのKちゃんに言われて

南比良の権現山から絶景の景色を見ての

稜線歩きに出かけてきました。

 

今回は、女房殿が先週の金剛山のお疲れがある

とのことで通常早立ちするところを遅らせて出発

 

栗原の登山口に付いたのが10:30

f:id:usausacafe:20170522105555j:plain

すでにかなり気温が高い、今日は水が足りるかなぁ

なんて考えながら準備していると 

栗原登山口でかわいい山ガールのおねえさん4人組に

霊仙山から権現山に登りたいのですがこちらからでいいんですかぁ~?

とかわいく聞かれて、霊仙山に行くならこちらの林道を上がって

電波塔の手前が取りつき口ですよ~と 

鼻の下を伸ばしながら答えるじじいでした(〃艸〃)ムフッ

 

さて、そんなたわごとは置いておいてと

権現山は頂上手前の150mくらいがなかなかの難所でして

地図にも「危」のマークが^^

ちょっと手を使ってのぼらないといけない急登もありますが

登り切るとびわ湖の眺望はなかなか感動ものです。

 

いっしょに登ったKちゃんも感動してくれておりました(^O^)/


権現山

 

今回はスタートがおそかったからか、

エネルギーを使い過ぎたか

権現山に登る急登で力が入りません

あれれ、これってお腹空いてるのんか?

あぁこれがシャリバテっていうのかしらん?と

 

権現山到着がすでにお昼過ぎになっておりました。

いつもだと11時過ぎには山頂に着いてお昼ご飯をむさぼり

一服している時間ですが、今回はまだまだ先が続きます。

 

行動食もいつもならチョコがあるけれど

暑くなると溶けるので今回はグミ 

これだとあんまりエネルギー補給にならんのかも・・ 

いつも持ってる10秒チャージは女房に取られたし^^

 

とりあえず飴で舐めとこってことで塩飴をなめながら

ホッケ山を経由して蓬莱山に向かいます。

f:id:usausacafe:20170522111524j:plain

お腹空いてるじじい、歩く姿に覇気は無し^^

f:id:usausacafe:20170522111559j:plain

お腹空いても稜線歩きの時の眺望がまたええんです^^

比良は低山ですが、さえぎる樹木がなくて360度見渡せるのです!

f:id:usausacafe:20170522111710j:plain

途中崩落地の横を通るので気をつけながら進んで・・・

 

f:id:usausacafe:20170522112239j:plain

 

蓬莱山の手前の小女郎ヶ池でお昼にします。

やっとお昼じゃぁ 

f:id:usausacafe:20170522121919j:plain

f:id:usausacafe:20170522121929j:plain

f:id:usausacafe:20170522114714j:plain

 

今回はKちゃんといっしょなので

食材豊富です、なんとデザートまで!

 

お腹いっぱいで眠たくなるのを我慢して

蓬莱山に出発!

 

f:id:usausacafe:20170522113158j:plain

今回はみんなの体力も考えて蓬莱から打見山まで移動して

ロープウェイで降りることにしておりました。

 

この日はなんでしょう、びわ湖バレイは人の多いこと多いこと

スズランが満開でアスレティックもあるからだろうか?

こんな人出みたことないなぁ

f:id:usausacafe:20170522113507j:plain

 

で、打見山の斜面の所まで人が並んでる

あれ?もしやこれってロープウェイ乗るのに待ってる人?と

係の人を見つけて聞いてみると、元気よく「ハイ!」って。

 

結局乗るまでに1時間もまちました^^

最後乗り口ちかくで

f:id:usausacafe:20170522113703j:plain

 

とりあえず、Kちゃんが喜んでくれた山行きになったので

良しということにしましょう。

 

これから暑くなると山行きも沢沿いの道を選んで

涼しい所に出没してみたいと思います。