年寄りの冷や水?かも 超初心者のじじい山歩く

55歳から始める山歩き 中高年の山行きは気を付けろ!

今年の雪解けは早い?

冬山は雪が積もっていて

四季それぞれの姿を見せてくれる。

とくに冬の山は美しいといわれるのを

聞いたりするわけですが、

じじいの家では女房の許しがでないと行けない^^

初心者が冬山? ハ? 冬山行くのんやったら

私と離婚してから行ってと取り合ってもらえません(^^;

 

そこで、春が来るまで近くの山での

基礎体力つくりをしているわけですが

特に昨シーズンも急な登りで足が攣る。

 

その場所が決まって大腿四頭筋(所謂太もも前)

でして、これは加齢で速筋の方が衰えやすいそう

 

そのようなことを知ったので最近毎日、

速筋を鍛えるべく頑張っております!

 

f:id:usausacafe:20190217154007p:plain

 

この大腿四頭筋の中にある速筋は歩くだけでは

鍛えられないらしく、最近はもっぱらこの筋肉を

鍛えるための専用のスクワットをしております。

 

先日、その方法を入手いたしました!

ってそんなたしたことではないですが(^^;

 

普段の毎日1万歩を歩いているわけですが

それに加えて、最近「振動マシーン」をいうのを

取り入れまして体幹を春の山に向けて鍛えております!

 

f:id:usausacafe:20190217154715j:plain

なかなかじじいには強力なエクササイズでございますが

春、山に出かけたときには足が攣らないことを願って!

 

 

ひどい年末年始

2月3日 節分からやっと山に出かける

ことができる体力が戻ってきました。

 

12月は公で多忙のため気が付くと年末

その後、気を抜いたのが災いしたのか

1月1日からめでたく?インフルでの発熱 

39度 30年ぶりのインフルの脅威

 

その後、引き続き風邪を引きまして

1月末まで咳が止まらずえらい目にあいました。

 

1月には山友のKちゃんから高見山樹氷見に行く?

とお誘いを受けたのに病床に臥せっており行けずじまい(涙

 

f:id:usausacafe:20190204104629j:plain

 

で、やっと2月の声を聞いて体が動くようになり

2か月山に行かないと体が山を忘れてるのでは?と

恐る恐るリハビリを兼ねてホームの山に

 

ここ一週間ほど鍛えなおさねばと

大腿四頭筋のトレーニングを始めました^^

 

さて、昨日3日は642mのハイキングコースですが山頂は雪が積もってました。

f:id:usausacafe:20190204103426j:plain

f:id:usausacafe:20190204103445j:plain

しかしというかあることに気が付きました

寒い日の登りは楽なんだと言うこと

 

真夏は体力の消耗が激しく水分を2L補充しても足りず

登りに難儀するのですが、寒いときは水分補給も必要なく

病み上がりでも息切れもせず何と楽なことと思いました。

 

何より足が登りを忘れていなかった!?ことに安堵です(笑

 

今回は奈良側から登り大阪側に降りるコース

 

今年はまさに暖冬、低山は早い雪解け?かも

健康登山のじじいには登れる時期が増えるのがありがたいかも^^

 

大阪側の山の麓はすでに梅が咲き始めてました!

 

f:id:usausacafe:20190204105124j:plain

 

 

 

 

比良 テン泊 登山キャンプ?

11月18日(日)は生駒チャレンジ登山の北半分を歩いて

久しぶりに山歩きを堪能、お天気もよく健康ハイクでした

 

f:id:usausacafe:20181126105540j:plain

f:id:usausacafe:20181126105544j:plain

で、帰宅後に山友のKちゃんから、週末テン泊&武奈ヶ岳あるけど行く?

とお誘いのメールが届き、「行く行く」と二つ返事で24日25日と比良、八雲に

出かけてまいりました。

待ち合わせの駅に向かいます 朝6時といつもよりゆっくり

でもこの時間で夜明けですね

f:id:usausacafe:20181126110016j:plain

今回は山繋がりのN君の車に同乗させてもらいました

比良山地日本海気候 冬は雪部深い所でこの日も

近畿は晴れの予報でしたが鉛色の雲が山に掛かってます

f:id:usausacafe:20181126110222j:plain

今回の山行きの主催はutaotoさんという山のベテランさん

その娘さんも小さい時から登山に親しみ山小屋でバイトするなど

知っている人も多い有名人さん。

で、そのutaotoさんたちと途中食料調達で合流

しこたま食料と酒を買いこんでイン谷到着です

f:id:usausacafe:20181126110709j:plain

今回はutaotoさんの後輩の若人が2人ほとんどの荷物を

ボッカしてくれたのでおやじはテン泊装備を入れても15kgと

とても軽量で登らせてもらいました。

麓の管理棟あたりは紅葉の盛り

今回はここから神爾谷コースを登るとのこと

地図でもしっかり破線ルート(大丈夫か?

 

f:id:usausacafe:20181126112004j:plain

f:id:usausacafe:20181126110855j:plain

途中、釈迦岳との分岐を神爾谷方向に取り進みます

この辺りは緩やかな登山道でした

f:id:usausacafe:20181126110943j:plain

暫く行くと神爾の滝が見られました

なかなか良い滝です!

f:id:usausacafe:20181126111136j:plain

そして、この先からいよいよ本格的な登山道へ

途中アスレチックなロープ伝いの所もあり

f:id:usausacafe:20181126111257j:plain

なかなか強力な急坂もあり

f:id:usausacafe:20181126111358j:plain

だったのですが、この神爾谷コース 本来のコースは谷筋を

トラバースして対岸に移るわけですが、台風等で崩れて渡れません。

 

f:id:usausacafe:20181126111951j:plain

 

しかたないのでそのまま登るものの道が切れてトラバース強行(汗

落ちるとこれは・・・ちょっと・・・の場所(滝汗

 

f:id:usausacafe:20181127124530j:plain

 

何とか渡り終えたものの、以前は鎖伝いに道があったもよう

現在は通行不能になっている登りを這いつくばりながら

北比良までなんとか登頂、この登りでじじいの私足が攣りました(弱

 

で、なんとか北比良峠に到着(キツかった・・

f:id:usausacafe:20181126112159j:plain

遠くに武奈ヶ岳が見えました

f:id:usausacafe:20181126112408j:plain

 

ここから八雲までは下りですが足攣りそうになる(激弱

 

なんとか八雲に到着

f:id:usausacafe:20181126112619j:plain

今回は若人が食事の用意も全てしてくれて

山中で鍋、天ぷら、串カツと至りつくせりのコース(歓喜

長時間調理をしてくれたHくん、Nくんありがとう!

ん~テン泊登山かそれとも登山キャンプか(笑

f:id:usausacafe:20181126112905j:plain

この日は夜遅くまで宴会が続き飲兵衛さんたちは7時間コース^^

おやじは飲めないもので美味しい食事をゆっくり頂きました

 

次の日は登山の予定が昨日、本来の神爾谷コースが歩けなかったので

その道を探しに行こうとなり下山にルートを見つけに

こちらの本コースもかなり荒れてました

f:id:usausacafe:20181126113247j:plain

f:id:usausacafe:20181126113248j:plain

f:id:usausacafe:20181126113312j:plain

それでも昨日登ったコースよりもマシでしたが^^

何とか無事下山

もみじのじゅうたんを歩いて到着

f:id:usausacafe:20181126113439j:plain

なかなかワイルドなテン泊山行きでした。

しかし、11月の山は冬と思ってかなり寒さ対策しましたが

やはりダウンパンツにダウンソックス必要だなぁ

まだまだ山道具を揃えねばと思った今回のテン泊でした。

おわり

 

 

 

 

春日山原生林

ここの所、山に行けてません

今が一番低山の最適時期なのになぁ

午前中に家族の用事があると遠出できない

と言う訳で、古都奈良といえば春日山

 

若草山経由、旧柳生街道での周遊コース

でも、今回は若草山経由 正倉院周回コース

 

最近、奈良もYouだらけでして、ほとんど

中国語(広東語)かも???

 

近鉄奈良駅からスタートです

 

f:id:usausacafe:20181112115303j:plain

 

11月12日まで正倉院展が開催されてるので

いつもにもまして人がおおい!

f:id:usausacafe:20181112115356j:plain

入場するのに1時間待ちらしい

待つのが苦手なじじいは素通りです^^

 

ここから春日大社参道を通って、原生林に向かいます

まだ、紅葉 ほとんどしていなくてね

1本だけ紅葉している木をみつけてパチリ

 

f:id:usausacafe:20181112115437j:plain

 

駅から20分ほど歩くと遊歩道入口につきます

ここから若草山頂上に向かって登るのですが

道は歩きやすくハイキングです(登山ではありません)^^

 

f:id:usausacafe:20181112115641j:plain

f:id:usausacafe:20181112115736j:plain

30分ほど散策して、若草山の麓にやってきました

f:id:usausacafe:20181112115812j:plain

紅葉も探すのに苦労する

暖かかったからね、この1週間

 

f:id:usausacafe:20181112115841j:plain

奈良公園といえば鹿でしょ 一応 1枚だけ

 

f:id:usausacafe:20181112115855j:plain

正倉院展正倉院はこちら

 

f:id:usausacafe:20181112115930j:plain

 

この奥ね

 

f:id:usausacafe:20181112120009j:plain

あたりを散策して3時間のハイキング

ん~やっぱり不完全燃焼だなぁ

 

来週は登山します 

f:id:usausacafe:20181112120030j:plain

 

 

しゃけさんと行く稲村ヶ岳と大日山

10月28日(日)

お天気 晴れ

同行 しゃけさんと

天川 稲村ヶ岳(1726m)・大日山(1695m)

 

f:id:usausacafe:20181030154937j:plain

 

私が山登りを始めた時に

どの山に最初に登れば良いのかと思案して

関西圏で有名どころと言うと六甲だということになり

六甲山で調べていると

しゃけさんという方のブログを発見!

 

ふらふら旅行ブログ 山歩き

 

しろうとおやじにピッタリの内容

そして六甲の初めての登山の時の苦労が

書かれていてとても参考になったのです。

 

それ以降、どんどんと本格的な山に

登られるようになったしゃけさん

別名「タイガーマスク」さんです^^

 

f:id:usausacafe:20181030155610j:plain

 

すっかり遠くの存在でしたが

ふとしたことで実際にお会いすることになり

今回の山行きにご一緒させてもらうことに。

 

いつものように天川村 洞川温泉 

母公堂から出発です

時間は8時40分

f:id:usausacafe:20181030113911j:plain

登山口より法力峠に向かって登ります

ここの登山道は傾斜が急ではなく歩きやすい

 

でも、このコース初めは良いけど後がね

というちょっと楽しいコースでもあります。

 

1時間ほど登ると法力峠に

ここは観音峰からの合流地点でもあります。

 

f:id:usausacafe:20181030114230j:plain

f:id:usausacafe:20181030114242j:plain

 

こちらの山も少しづつ紅葉が・・

あと半月もすれば燃えるような紅葉で

山が包まれるのだろうなぁ(^O^)/

 

f:id:usausacafe:20181030114336j:plain

 

ここから順調に高度を上げて行きます

登山道は結構切れ落ちている所も多く

鎖場もあり気を抜いて歩くとちょっと怖いかも

 

ほどなくしてパオーンでございます

 

f:id:usausacafe:20181030114452j:plain

この先、先回の台風の影響でしょうか

倒木のある場所も

f:id:usausacafe:20181030114526j:plain

 

はたまた木の根っこをよじ登り

f:id:usausacafe:20181030114643j:plain

 

そしてかの有名な?崩れた橋の横を通って

稲村小屋を目指します。

 

f:id:usausacafe:20181030114700j:plain

 

母公堂から2時間半

稲村小屋にとうちゃこ

f:id:usausacafe:20181030114734j:plain

この日は営業してました!

f:id:usausacafe:20181030114759j:plain

とりあえず小休止 トイレを借りて

今回は大日山に登るので荷物をデポさせてもらって

ここから気合を入れて登ります!

 

f:id:usausacafe:20181030114901j:plain

大日山はこれ、なかなか楽しいとのウワサ

先回は女房が怖いからパスといわれた大日山^^

 

f:id:usausacafe:20181030153308j:plain

 

で、ここから登りま

f:id:usausacafe:20181030153410j:plain

登ってみると

あ!こりゃなかなかやないの!ってなりました(^-^;

 

f:id:usausacafe:20181030153454j:plain

f:id:usausacafe:20181030153506j:plain

なかなかアスレチック~

えんやこらどっこいせと登りますと

頂上に到着です^^

 

f:id:usausacafe:20181030153609j:plain

登りがきついと当然下りはもっと怖い(笑

f:id:usausacafe:20181030153641j:plain

木製階段崩れてるところあり!

登り口に帰り着いたら稲村ヶ岳に向かいます

こちらも鎖場もあり楽には登らせてくれません

ヒイヒイ言いながらやっと展望台に到着

f:id:usausacafe:20181030153844j:plain

 

f:id:usausacafe:20181030154245j:plain

さて、お昼ご飯を食べに小屋までくだりましょう!

あぁお腹空いたぁ

f:id:usausacafe:20181030154328j:plain

今回は小屋にザックをデポしてもらったので

飲み物をお願いしました。

奈良と言えば葛 葛湯 ショウガ味 うんまい♪

 

で、あと、しゃけさんはカップカレー

私はおにぎりと味噌汁を食べてしばし休息

 

後は気を抜かないで母公堂まで戻りましょう

しかし、いつも思うけど下りは登りより

距離があるように思うんだけれどなぁ

 

なかなか下っても下っても到着しない・・・

14:55 なんとか無事下山

 

今回は足が攣ることなく登れました

でも、流石に足もお疲れ

稲村ヶ岳と言えば洞川ですから

温泉です!

 

洞川温泉へGO!

f:id:usausacafe:20181030154737j:plain

ゆったりのんびりぬくもりまして

さて、帰路につきましょう。

 

今回はしゃけさんと2人登山

最近単独で登ると親友のMくんに

怒られるのですが、今回は大丈夫でしょう(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友・T林と生駒山ハイキング

転勤で関東に行っているT林くんが

最近運動不足で太り気味ということで

関西に戻ってきた折にハイキングでも行ってみる?

と話をしたのが数か月前

同期の方や愛好会の皆さんはお馴染みのおじさん

 

f:id:usausacafe:20181030110316j:plain

 

先日、20日の日に東大阪 枚岡から

神津嶽コースをぼくらの広場まで登り

暗峠を越えて奈良側に降りるコースを歩きました。

 

f:id:usausacafe:20181030110154j:plain

 

4時間ほどの山歩きでしたが

歩き慣れていないと結構しんどかったかもしれません。

翌日、ちょっと筋肉痛と言ってました。

 

でも、途中大阪の景色にいいねぇと

喜んでくれて、その上良い運動になったと

 

f:id:usausacafe:20181030110621j:plain

これも続けていかないとですね

 

私はこの山歩きで体重を10kgほど落としましたが

今は少し戻っております(オカシイナァ

 

でもコレステロール値は完璧ですが・・・

まぁそれ以上は追求しないということで^^

 

 

 

T林くん、また山歩きいきましょう!

 

 

 

 

 

雨の武奈ヶ岳(滑って転んであららのら)

8月のお盆に高見山に行った以来

近所の山でお茶を濁す今日この頃

 

9月は週末ほとんど雨

雨の山行きは避けている超初心者

 

で、昨日は久しぶりの晴れの予報

 

 

今回は何度も登っている武奈ヶ岳だ~!

と早朝から出発

 

まだまだ未踏の道がある比良山系

今回はイン谷から中峠からの

ワサビ谷からの西南陵コースへ!

 

f:id:usausacafe:20181008082553j:plain

 

いざ、出発してみると湖西道路あたりから雨

あれ?今日は晴れの予報のはず?

ま、そのうち晴れるだろうと・・・

 

イン谷の奥の駐車所似到着

10月7日(日)は空いてました。

 

身支度をして7時前に出発です

まだ麓の紅葉は青々としてますねぇ

 

f:id:usausacafe:20181008083945j:plain

すこ~しだけ色づき始める広葉樹

f:id:usausacafe:20181008083950j:plain

大山口の分岐から少し登ると水場があります

ここはいつも豊富な水量

f:id:usausacafe:20181008083955j:plain

 

えっと、この花は

確か「アキチョウジ」?かな?

f:id:usausacafe:20181008083959j:plain

 

順調に進むと楽しい「青ガレ」

雨で濡れているので慎重に

f:id:usausacafe:20181008084003j:plain

金糞前の胸突き八丁

このあたりから雨が降ってまいりました(涙

f:id:usausacafe:20181008084005j:plain

金糞峠到着、この時登山者おひとり後ろから

今日は晴れの予報でしたが 雨ですねぇと

この方もワサビ谷経由で武奈ヶ岳へ行くとのこと

f:id:usausacafe:20181008084009j:plain

台風の影響は少ないものの木々があちこち

倒れております

f:id:usausacafe:20181008084012j:plain

 

奥の水場も水量豊富

f:id:usausacafe:20181008084016j:plain

 

とのんきに言っておりますが

金糞から中峠まで渡渉が何度もありまして

昨日の雨でかなり増水

その上台風で倒木があり迂回しながら

何度目かの渡渉の時にルートを考えて足元に

意識が行ってなかった時、不意に回りの風景が

回りだしたのです!

あれ?と思った瞬間足が石の上から滑ってた!

幸い渡渉の途中でなかったので沢に転落

とならなかったのが幸いでした。(ちょっと打撲&出血^^

 

この時に、足がかなり疲労状態

最近山に行っていないツケが来たのか(涙

雨も降ってるし、コケたし、足も疲れて動かんし・・

 

でも、なんとか中峠に到着

いつもはここをコヤマノ岳に登り武奈ヶ岳

中峠が1061m 武奈ヶ岳が1214mなので後すこし

ですが

今回はここから100mほど下りましてワサビ谷へ

 

 

f:id:usausacafe:20181008084020j:plain

 

下りはまだ足が動きます

ささっと降りてワサビ谷広場に到着

f:id:usausacafe:20181008084025j:plain

f:id:usausacafe:20181008084029j:plain

ここから対岸への渡渉も難儀しました

写真では小川のせせらぎ?いえいえ

本場はエライ増水状態の幅広渡渉(滝汗

f:id:usausacafe:20181008084032j:plain

渡渉後の登り返しがこれまた強烈でして

沢沿いの遡行で足元がすべるので難儀しながら進みます

f:id:usausacafe:20181008084034j:plain

そして・・

写真はホント普通に写りますねぇ^^

ここトラロープが張られてるんですが

ええ、かなり厳しいのぼりでして

なかなか登れません(苦痛

あ、足が疲労蓄積のためというのが正しいか(弱

f:id:usausacafe:20181008084037j:plain

四苦八苦してワサビ峠へ到着(ハァ シンドイ

f:id:usausacafe:20181008084039j:plain

 

このあたりからまた雨が・・・

f:id:usausacafe:20181008084044j:plain

西南陵もガスと雨の中

f:id:usausacafe:20181008084046j:plain

ここらあたりまで来ると

草木の紅葉が始まってました!

 

f:id:usausacafe:20181008084049j:plain

 

この黄色い花は?ん~なんだろう???

f:id:usausacafe:20181008084053j:plain

 

そして、最後の登りを越えて武奈ヶ岳頂上へ

f:id:usausacafe:20181008084055j:plain

でもしかし雨が強くなってきたので

取り急ぎ八雲に下りよう”!

ちなみにここまで4時間もかかってしまったぞな

雨が降ると休憩もそこそこになるし(やっぱり雨は嫌いだぁ

 

そして、武奈ヶ岳からコヤマノ岳への下りが

またガレ場なんございます。

ヘロヘロの足に堪える・・

f:id:usausacafe:20181008084058j:plain

やっとこさ、八雲への分岐へ

f:id:usausacafe:20181008084103j:plain

 

ここから半時間ほどで八雲

手前からかすかにびわ湖が

と思ったらまた雨が強まってきました(涙

f:id:usausacafe:20181008084105j:plain

八雲ヶ原に着いた時には大雨に(涙

 

お昼を食べようとおもったのになぁ

この雨ではなんともならず・・

グウグウと言うお腹を押さえて

休憩もせず下山決行!

 

途中登り返しての北比良峠

もう足が動きません。

けど、下山せねば・・

f:id:usausacafe:20181008084109j:plain

 

這々の体でダケ道を下りカモシカ台へ

ここまできてやっと雨があがりおにぎり一個食べました

f:id:usausacafe:20181008084112j:plain

 

このあとなんか下山しました

今日はなんと7時間の山行き

 

雨に降られて休憩もままならず

ほとんど歩き詰めの7時間は辛い・・

 

やっぱり雨の日は山にはいかん!

と硬く心に誓うのでした(爆

 

最近忘れていた筋肉痛が始まっており

太ももすでに他人状態です(極弱