読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年寄りの冷や水?かも 超初心者のじじい山歩く

55歳から始める山歩き 中高年の山行きは気を付けろ!

超初心者の武奈ヶ岳

 

リベンジで登ってきました。
 
コースは駐車場出発ー御殿山ーワサビ峠ー武奈ヶ岳山頂ー
ワサビ峠ー御殿山ー駐車場のピストンでした。

 

 
 

f:id:usausacafe:20161203162730j:plain

 
武奈ヶ岳、関西の人はご存知の比良山系で
最高峰1214mの山(それでも低山^^)
 
とれっきんぐ超初心者としてはこの山でも
四苦八苦、いや五苦九苦 えい六苦十苦だぁ(^-^;
 
何がって山登り用の足ができていないこと
頂上までは順調でしたが登り最後あたりから
膝が痛くなり下りで難儀しました~(涙
 
この日は10月最後の日曜でお天気も最高
滋賀県の葛川坊村から女房殿と登ったのですが
葛川市民センターさんの駐車場は朝8時前で
満車に近い状態、みなさん何時にこられるんだろうか?

f:id:usausacafe:20161203162731j:plain

 
 

f:id:usausacafe:20161213171905j:plain

 
 
 
登り口の明王院というお寺の
入口に登山届ってのがありました。
ちゃんと書いて出しましたが、出してる人
いるんだろうか・・・
 

f:id:usausacafe:20161203162736j:plain

 
御殿山の登り初めから頂上(1097m)まで、
これでもか!ってくらい急な勾配を登ります。
 

f:id:usausacafe:20161203162735j:plain

 
 いつも思うけれど写真だと急こう配に見えないよなぁ
 
でも、女房殿、急勾配に足が震えるって言ってましたから
そりゃ結構な傾斜でしょう^^
 

f:id:usausacafe:20161203162729j:plain

 
 
今まで登った山はハイキング、道も整備されているし
途中に休憩所もありましたが、ここは頂上までそんな
優しい休憩所なんてございません(^-^;
 
ひたすら登るのですが、後ろから来る登山者さんに
どんどん追い抜かれる~
 
皆さん凄いなぁ、登山なれてるんだろうなぁ
おじさんとおばさんの超初心者とは違うんだと
その時にここはハイキング気分では来てはいけない
山だと思うのでした。
 
途中こんな所や
 

f:id:usausacafe:20161203162726j:plain

 
 
 こんな所と通って
 

f:id:usausacafe:20161203162727j:plain

 
 
御殿山の頂上につくと琵琶湖バレーが見える見晴らしに
 

f:id:usausacafe:20161203162737j:plain

 
 
ここから、さらに下って隣の山が武奈ヶ岳
女房殿頂上に着いた~!って言って喜んだあと
登る目標の山が更に向こうに見えて意気消沈(*'へ'*) 
ひえ~遠いやないの~

f:id:usausacafe:20161203162728j:plain

 
 
しかし、遠そうにみえて今までの急坂でなくて稜線を歩きながらの
アップダウンなので実際は思ったよりも少し楽でしたが・・

f:id:usausacafe:20161203162725j:plain

 
最後の登りが~・・・
 
もうちょっと
 

f:id:usausacafe:20161213171910j:plain

 
 
やっとこせっとこ頂上です
 

f:id:usausacafe:20161213171908j:plain

 
 
ここまで登り始めてぴったり3時間
8時15分スタートで11時14分
 
ここからの眺めはこれまた最高でした
 

f:id:usausacafe:20161203162738j:plain

 
 

f:id:usausacafe:20161203162722j:plain

 
稜線を歩いたり山並みの続く景色に登山してきた気分(^O^)/
 
でもね、登ってくる人小さい子は小学生からおじいちゃんおばあちゃん
って書いたら叱られるかも^^の人まで普通に登ってくる。
 
わたしゃこの時点で膝が痛くなってるのに~
 
頂上でお昼を食べて半時間ほど休憩後下山しました。
 
この下山が登るより辛かったぁ 膝が痛いってのは
悲しくなるくらい下り堪えるのだなぁ
 
結局下り終えるまで2時間半
駐車場到着が2時16分
6時間の行程でした~
 
とりあえず無事、武奈ヶ岳に行ってこれました。
 
膝が痛くならいように今しばらく
足を鍛えたいと思います。
 
昔は比良スキー場があった時はリフトとロープウェイが
琵琶湖側から出ていたので頂上に楽ちんに行けたとのこと。