読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年寄りの冷や水?かも 超初心者のじじい山歩く

55歳から始める山歩き 中高年の山行きは気を付けろ!

スカルパ慣らし履き

 

2017年1月15日(雪)

 

最強の寒波が来ていたこの日

新しい靴の慣らしをしてまいりました。

 

今回は女房と娘の3人

 

冬の低山、雪がまっている割に

麓はまだ雪が積もっていなかったのですが

さすがに山頂に近づくと白く凍っております。

 

今回は、いつもの石切からですが

初めての「くさかハイキングコース」

 

他のハイキングコースは舗装路が長いのですが

ここ、くさかコースはすぐに山道になり

登りはじめから九十九折の急登で

楽しいコースだとしりました(また登ろっと^^

 

上り始めは、大阪側の旧生駒トンネルの

入り口近くからはじまります。

 

f:id:usausacafe:20170115153740j:plain

ここからくさかコースのスタート

f:id:usausacafe:20170115165549j:plain

登り出すと・・

 

f:id:usausacafe:20170115153755j:plain

九十九折がはじまります

 

f:id:usausacafe:20170115153756j:plain

f:id:usausacafe:20170115153802j:plain

15分ほど登ると石段がはじまります

 

f:id:usausacafe:20170115153759j:plain

中にはロープが張ってあるところも

 

f:id:usausacafe:20170115153800j:plain

 

登り切ると休憩のベンチも

 

f:id:usausacafe:20170115153803j:plain

 

高度があがってくると渡る橋も凍ってます

f:id:usausacafe:20170115153742j:plain

 

f:id:usausacafe:20170115153744j:plain

f:id:usausacafe:20170115183937j:plain

 

更に進むと休める東屋がでてきます

f:id:usausacafe:20170115153747j:plain

 

f:id:usausacafe:20170115153748j:plain

 

ここを越えると大阪平野を見渡せる場所に

f:id:usausacafe:20170115153751j:plain

遠く六甲山が見えます

 

山ガールか山子供か?

 

f:id:usausacafe:20170115153752j:plain

 

山頂まで約2時間 吹雪いてまして風もスゴイ

当初 大阪側に降りるコースを考えておりましたが

あまりの寒さに生駒側におりて暖かいもので食べることに

 

途中、先回登った時に初詣客であふれていた宝山寺さんに

お参りをして下山

f:id:usausacafe:20170115154017j:plain

 

無事、慣らしの山行き終えました

 

f:id:usausacafe:20170115153932j:plain

 

このスカルパ キネシス

私の足にはかなり良いみたい

 

足が以前履いていた靴のように痛くならず

何よりも疲れ方が違うようでした。

 

前の靴を買った好日さんで言われたのが

登山の時にある程度の山ならスニーカーでも

いけるんですよと、登山靴の種類もいろいろですが

スニーカーの延長上のような靴の場合は価格も安い

でも靴が登山を助けてくれないので負担は体が払う

逆にしっかりした靴を選ぶとそれなりの価格になるけれど

靴が登山を助けてくれるわけです 

なんてことを言ってたなぁと。

 

それを今回実感した慣らし履きでした。

 

いやぁ、この靴ソールは固めになるけれど

山道は歩きやすい、じじいは道具に助けてもらえ

ですね!