読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年寄りの冷や水?かも 超初心者のじじい山歩く

55歳から始める山歩き 中高年の山行きは気を付けろ!

登山を始めて思うこと

登山超初心者の年寄り冷や水おやじ

 

何でもそうですが、趣味を見つけて始めてみると

どんなことも新鮮でワクワクの連続なわけです。

 

長年やっている人はこの登山も至って普通のことに

所謂、普段の生活の延長上に登山があるみたいな^^

 

こんな冷や水おやじですが、どちらかというと

インドア派でギター弾きおやじでもあります。

 

若い頃はみんなギター弾けたらモテる

なんてことで必死でギターの弾き語りの練習しましたよね?

 

え?そりゃ昭和のおっさんのいうことで平成生まれは

そんなこと興味ない!ってですか?(汗

 

あ、ちょっと横道にそれちゃった^^

 

でね、ギターって関係ない人からすれば

本体の値段って数万円くらいじゃないの?と

思われるかもしれませんが、ところがどっこい

趣味で深みにはまると数万円クラスで済むことはなく

はては数百万円クラスになっちゃうことも(^O^)(意味深

 

そんなことを考えると、この登山も入口は気楽に始められるけれど

深みにはまるとキリがない?のでしょうかね?

 

いろいろ調べたり聞いたりしたところによると

0から全て装備を揃えたとして20万くらいでそこそこ揃う

これならギターの深淵のふちに立ってしまった時より

随分出費も楽かも・・・

 

そうは言っても、財布には秋風どころか

最近猛吹雪のおやじには20万って大金なんですが・・・

 

え?おやじの手持ちのギターの総額いくらだ!って

お叱りの声がどこかから聞こえてきた^^

 

んじゃ 1本売りますか!(爆

 

ともあれ、ここの所ちょろちょろと山行きのふりを

してきて一番思ったのが「靴」の大事さかも。

 

もちろん冬とか厳冬期とかになると着るものや非常時対応の

アイテムなどをしっかり揃えることが命を守ることにつながる

これもわかるのですが、とりあえず夏、秋がメインで

それも低山ならやはり靴の重要度は高いように思う訳です。

 

整備された子供たちも登るハイキングコースしか行かない

となれば、割合と何を履いていてもいいかもだけれど

急坂や石がゴロゴロや木の根がいっぱいなんて所に行くとなると

「靴」一つで疲れ方も違ってくるらしい。

 

最近山行きも6時間を越えてくると、下りなんかで疲れてくると

足がヘロヘロになることも(弱

それでも8時間くらいは山行きできる体を作りたい・・・

もし靴でちょっとでも楽になるならそういう靴が欲しい!

 

下りで足をぐねったり、こけたりすると

これすぐに遭難につながると最近思うのです。

 

今、履いているのは街でも履けるハイキングシューズ

f:id:usausacafe:20161222125537j:plain

好日さんで安かったからって理由でつい買ってしまった^^

ギターで言う所のモーリスやヤマハの初心者用クラス?

 

最近なぜか歩いた後マメができるんだなぁ

筋肉痛にならないのに・・だからどうもなぁと思う。

 

で、幅広甲高のじじいの山歩きを助けてくれそうな靴

どんながある?と調べるとこれ果てしなくいろいろあるのねぇ~

 

これだけは実際に履いてみて足に合うのを選べ

ってどなたも言うけど、足に合うってこれも

経験で知らないとわからない感覚の所もあるように

思うおやじなのです。

 

足に合う靴ってきっと価格だけでは判断できないんでしょうね

高価なのが足に合う靴なら探すの困らんのだろうけど

(それを買えるかは別にして)

 

そんな中で、スカルパのキネシスなんてどうだろう

f:id:usausacafe:20161222130249j:plain

 

それか、カイラッシュか

f:id:usausacafe:20161222130512j:plain

 

いや、一般的にはシリオかキャラバンでいいんじゃない?

ってことかしら?

 

ともあれ、一度試し履きにいかないといけませんです。